おいしいアイスコーヒーの作り方

お家でいれるおいしいアイスコーヒーの作り方を紹介します。 

 

3つの方法を紹介しますので、お好みでお試しください。

 

<1 急冷式>

 

 あらかじめグラスに氷をたっぷり入れておいて、温かいコーヒーを  

一気に注いで作る、「急冷式」です。  

 

 きりりとした、濁りの少ないアイスコーヒーになります。

 

できあがり約200ccの場合  

  

1 ホットコーヒーを100cc淹れる   

    コーヒーの粉20gで、ホットコーヒーを100cc淹れます。

   濃いめにじっくり淹れた方が、味がしっかりでます。 

 

2 氷をいれたグラスに一気に注ぐ   

   大きめのグラスにたっぷり氷を入れ、そこに1のコーヒーを

        熱いうちに 一気に注ぎます。

   時間をかけて温度が下がってしまうと、濁りが出てきます

   ので、思い切って一気に。 

  

 3 かき混ぜて完成   

     ストローやスプーンでかき混ぜて、全体が冷たくなったら

         完成です。   

   

         時間が経つと氷が溶けて薄くなってきますので、お早めに

         どうぞ。

 

シロップもミルクも入れず、ストレートで飲む方にもお勧めです。

 

コーヒー豆の味が直接出ますので、高品質の豆をお使いください。

 

当店喫茶でもこの方法で、1杯ずつ淹れてお作りしております。


<2 作り置き式>

 

 ホットコーヒーを作って、早めに粗熱をとって、冷蔵庫で

冷やしておく方法です。

 

 濃度のある、どっしりしたアイスコーヒーになります。

 

できあがり約200ccの場合  

  

1 ホットコーヒーを200cc淹れる   

    コーヒーの粉20gで、ホットコーヒーを200cc淹れます。

    濃いめにじっくり淹れた方が、味がしっかりでます。 

 

 

 

 

2 粗熱をとる   

   できるだけ早めに粗熱を取りましょう。

   サーバーごと、氷水をはったボールなどに入れれば、

   早く冷やせます。

   抽出量をやや少なめ(190~180ccくらい) にして、

   氷1,2個をサーバーの中のコーヒーに入れてもいい

   でしょう。

  

 3 冷蔵庫に入れ、しっかり冷えたら完成   

     粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やします。冷えたら完成です。

   多めに作っておけば、飲みたい時にすぐ飲めます。   

   

         時間が経つと味も落ちてきますので、その日のうちくらいに

         飲み切りましょう。

 

しっかりした味のコーヒーになりますので、

 

冷たいミルクと混ぜて、「アイス・カフェオレ」にしたり、

 

アイスクリームを乗せて、「コーヒーフロート」にしてもいいでしょう。


<3 水出し式>

 

 コーヒー粉を水に溶かして、ペーパーフィルターで濾す方法です。

 

 あっさりめですが、クリアで飲みやすいアイスコーヒーになります。

 

 粉の挽き具合は、やや細かめの「中細挽き」程度で。

 

できあがり約200ccの場合  

  

1 コーヒー粉と水を入れて混ぜる  

    コーヒーサーバーなどの容器に、コーヒー粉20gと、

    水220ccを入れて、スプーンやへらなどでかき混ぜます。

    

 

 

 

 

2 冷蔵庫で冷やす   

   そのまま冷蔵庫に入れて冷やします。

   目安は8~16時間くらい。時間が短いと

   軽めに。長いと濃いめになります。

  

  

 3 濾して完成 

   別のサーバーを用意して、ドリッパーにペーパーフィルターを

   セットし、そこに冷やしておいた、粉の浸っているコーヒー液を

   注いで濾します。

         ドリッパーとペーパーは、大き目のものを使うと濾しやすくな

   ります。

   濾して完成です。冷蔵庫で2,3日は持ちます。

   

   あっさりした味になりますが、お湯を使っていないので、香味が長持ちします。

 

         

 

朝、コーヒーを淹れる時間が取れない時でも、冷蔵庫から出して

 

電子レンジで温めるだけで、ホットコーヒーになります。

 

ミルクを入れて温めれば、簡単「カフェオレ」が作れます。

 

 

「水出し珈琲用のポット」も販売されています。

 

アイスコーヒー専用の水出しポットは、濾す網の目が細かく、

 

細かなコーヒーの粉が通りにくくなっています。

 


アイスコーヒーにおすすめのコーヒー